ブログ

◆女の子向け◆売れる為には~店長はこれで3,000円儲けました~

どうも、秘めパラのイキリ店長です。

たまにはリフレで働く女の子に向けてブログでも書いてみようかなって思います。

まず、大体の女の子は「稼ぎたい」「楽して稼げる」って思ってリフレを始めると思います。
いくら稼ぎたいのかで変わっては来ますが、お小遣い以上の額を稼ぐと考えると『売れっ子になる』という道は避けては通れません。

では売れる為に何が大事なのか、というと『自分の価値作り』だと思います。
所謂マーケティングブランディングですね。
これって「顔出ししているかどうか」や「何が出来るのか」より全然大切だって思います。

これは勝手に周りが作り上げてくれるという事もありますが、仕上げは自分自身でやるしかありません。

自分の売りや武器をきちんと認識して、他の女の子との差別化を図る。
自分に出来る事、自分にしか出来ない事を考え構築していく。

いくら周りがイメージ像を作ってくれても、自分自身の行動で簡単に壊せてしまいますからね。

いきなり完璧な自分になれるなんて事は稀です。
自分には何が合っているのか、何が足りないのか。
また、自分に不要なものは何なのか。
それを考えながら適宜、微調整をしていけばいいんです。

自分の価値作りが成功すれば、単純に稼げるだけじゃなく色々とメリットが多いのですがそれはまた後日、気が向いたら書きますw

お店側が言って良い事ではないと思うのですが、特定の女の子が売れるか売れないかに関してはお店の力って殆ど関係ありません
勿論、だからと言ってお店が適当をして良い訳ではありませんからね。

女の子にとってのお店というものは、悩みや相談を聞くお父さんだったり、登山途中の道看板や、何かのトラブルが遭った時に間に入る保険のようなものでしかないと思います。

それでも女の子にとってお店選びが大事なのは、お店との相性というものがあるからです。

お店毎に考え方や売り方というものは大きく違います
だからこそ、自分自身を売っていくプランとこのお店の相性が良いのか、という事まできちんと考える事が出来たら最高です。

秘めパラがやっている事って流行るリフレ店を作る王道的なやり方ではありません。
流行るリフレ店を作るより、女の子の良い部分を伸ばし育てて行き売れっ子を増やしていきたいって考え方です。

まるで鮭のように川の流れに逆らってます、無駄に。

何故王道的な売り出し方をしないのか、というと在籍してくれた女の子達の良さや素晴らしさを引き出していくお手伝いをしたいからです。
その子達の良さが引き出されていけば、短いリフレ嬢人生の中だけでなく、この先の人生の様々なシーンで役に立っていくと考えています。

お金も稼げてこの先の人生に役立つ経験値も得られる
それって何か良いなって思いません?

長い人生、リフレ嬢時代を黒歴史にしていく子が多いと思うのですが、それでいいんです。
それでも、その黒歴史時代の経験が先々の役に立つって事は絶対にあると思います。

正直、リフレ店を流行らせる一番の方法は数の暴力だと思います。

とりあえず在籍が多い。
とりあえず出勤人数が多い。
とりあえず体験入店が多い。

そうした中で、稼げなくなって消えていく子が居ても新しい子が入ってくる、さらに時々スタープレイヤーが入ってくるからどんどん大きくなっていく、という形が一番シンプルかつ王道的なリフレ店の売り出し方だと思います。

お客様目線で考えても、次々新商品が入荷していたり沢山の商品から選べた方が間違いなく楽しいですからね。

でも、個人的にはそのやり方って女の子一人一人をきちんと見れない気がするし、女の子自身を食い潰していくような感じがしてあまり好きじゃありません。

お店が作ったベルトコンベアに女の子を乗せて、ただひたすらに流していく作業。
僕にはそう見えちゃって、シンプルにやっててつまらなそうって思っちゃいます。

それだったら、在籍して頑張ってくれた女の子達が将来、秘めパラ時代を黒歴史にしようともそこで得た経験や自分が頑張ってきた事が意外な場所で役に立ったって思えるようになって欲しいんです。

秘めパラなんてルール違反したらすぐに解雇しちゃうし、お店を流行らせるって事と真逆の事やってるなって思います。

何故、そこまでわかっているのにすぐ解雇するのかって言ったら真面目に頑張っている女の子達がいる以上、その子達に頑張っている事が馬鹿みたいだって思わせたくないんですよね。

頑張ってても頑張ってなくても待遇が同じなんて僕は出来ません。

リフレって見下されがちの仕事だと思います。
リフレに興味、関心が無い人は勿論の事、リフレに来る方やリフレで働く女の子、それどころかリフレ関係者でさえリフレという業種を見下している人が居ます。

個人的にはそれが残念で仕方ありません。

確かに、たかがリフレかもしれません。

でも、リフレって案外接客から学ぶ事も多いし経験にもなるし、真面目にやったら得るもの多いと思うんですよね。
勿論、リフレじゃない仕事だとしても同じです。

余計なお世話かも知れないけど、リフレを辞めたあとの人生のたしかな経験値に、人生のプラスになってほしいんです。
リフレで稼いだお金は勿論、自分で考え自分で努力して自分で売り出した経験って、先々何をやるにしても無駄にはならないと思うんです。

余談ですが、秘めパラ店長は元々デザインやら映像やら何やら全部未経験のド素人だったんですけど、少しでも女の子達の役に立ちたいと必死こいて勉強していたら、なんと知り合いからデザインのお仕事が舞い込んで来たんです。ギャラ¥3,000だったけど

それって店長が秘めパラをやっていなかったら、素人なりに頑張っていなかったら舞い込んでこなかった話だと思います。
店長はチャレンジしたからこそ、小さな小さな一歩だけど新しい可能性が開けました。

女の子達の方が店長より一回り以上若いんだから、頑張った分はもっともっと沢山のチャンスや可能性に恵まれますよ。

努力は裏切らない、とまでは言いません。
でも、リフレで働くうえで努力をすれば次に繋がっていく事だって多々あると思います。

秘めパラ ランキング
秘めパラの体験談をブロガーさんが書いてくれた